表紙へ戻る
東海道五十三次道中記

(9)小田原宿  小田原宿には本陣・問屋場は無かったの?   街道地図
 小田原といえば「かまぼこ」「ういろう」「小田原提灯」そして「小田原城」。小田原宿は箱根越えする旅人はもちろん、参勤交代の大名も多く宿泊したそうだ。そのため4軒もの本陣があったという賑わった宿場であった。

 平成17年11月28日

 JR国府津駅前を出発したのがちょうど10時。これから「小田原宿」まで歩くのだが、今日も良い天気だ。

 駅前の信号を渡って小田原方向へ10mほど歩くと、塀と民家の間に「勧堂跡碑」(左)がある。 ここは親鸞聖人の草庵が有った場所で7年間住まわれたそうだ。

 次の信号で右に渡ると、そこは親鸞聖人が命名したという真楽寺

 真楽寺には親鸞聖人が大石に指で名号を書かれたという帰命石がある。残念ながら帰命堂に収められているので見ることができない。代わり見たのが親鸞聖人お手植えと言われる「菩提樹」(右)。


  真楽寺を出たら次の信号(岡入口)で左側に移り500mほど歩くと、日本橋から19番目になる小八幡一里塚があったという説明板が歩道の端に建てられている。
 19番目ということは約76km。京都まではまだまだ遠い。



 酒匂川手前の法船寺に小型の「五重塔」(左)があるというので立ち寄ってみた。ミニチュアという程ではないが「4トントラックと軽トラック」ぐらいの違いかな。かわいらしい五重塔が建っている。  

 「酒匂川」(右)を渡ると上流側の土手に二宮金次郎にまつわる石碑が有るはずだが土手に下りる道が見つからない。

 ついに城東高校前の交差点に出てしまった。ここを右に曲がり、さらに右に曲がって土手を目指すことに。


 酒匂川土手の上に「二宮金次郎表彰の地碑」(右)がある。銘によると、小田原藩主大久保忠真が二宮金次郎など藩内の働き者13名を表彰した場所 なのだそうだ。

 元に戻り、城東高校前の交差点を横断して旧東海道を進むと、突き当たりに「新田義貞公首塚」(右)の案内板がある。案内に従って住宅街を入って行くと小さな公園の一角に石碑が。

 ところで、義貞公の首塚は全国に4箇所あるそうだ。それぞれに云われがあるのだが、四つも首があったとは。


 街道に戻り国道1号をテクテクと。しばらく歩くと山王橋の向こうに「山王神社」(左)が見える。

 神社の由緒書きによると、北条早雲の時代以前からの神社で、天正18年(1590)の「小田原の陣」のときは、徳川家康が日々参詣したという由緒ある神社なのだそうだ。

 境内にある「星月夜ノ井戸」(右)は、水面に昼間でも星影が映るそうですよ。覗いて見たが、うーん、何も見えない。星影が見えた? 当時はこの神社を星月夜の社と呼んで名所になっていたのだとか。


 山王神社から200mほど歩くと「江戸口見附跡」(左)がある。また、ここは日本橋から20番目の山王原一里塚が有った場所で、見附跡説明板に一里塚があったことが記されている。

 さらに数分歩き、新宿交差点を左に曲がって、次に右へ曲がる道が旧東海道。約1kmほどで国道1号に合流する。

 合流するちょっと手前の高齢者向けマンションはかつて古清水旅館があった場所。その古清水旅館は江戸時代には脇本陣であった。 それを示すレートが入口に設置されている。



 その先が「清水本陣跡」(左)のはずだが見つからない。あきらめて国道手前の明治天皇行在所跡に入り説明板を読むと、なんと、この場所が「清水金左右衛門本陣」の有った場所だと記されている。

 小公園の奥にあったのは和15年(1940)に設置したというかなり大きな明治天皇行在所跡碑

  旧東海道の一本隣となる道で、明治天皇行在所跡の丁度対面にある 「松原神社」(左)は、 かつては小田原宿の 総鎮守で、この辺りは後北条時代から町の中心であったそうだ。



 国道に合流すると「なりわい交流館」(左)という黒い2階建てのお休み処がある。ここは江戸時代の旅籠であったが、大正時代には漁網問屋として栄えた建物を改装したお休み処。

 ここでちょっと一休み。お茶の接待を受け、小田原宿の情報を仕入れ、疲れが取れたら再び出発だ。

 数分先のマンション横にあったのは「明治天皇行在所跡」(右)。この場所は「片岡本陣跡」で、明治11年(1878)に北陸・東海を御巡幸された明治天皇が片岡本陣に宿泊している。

 お堀端を歩き朱色の学橋を渡って城内二の丸へ。

 最初に目につくのは広場の左手にある「銅(あかがね)門)(左)。扉の飾り金具に銅を使用しているのでこの呼び名が。門というには立派すぎるが、やはり門だ。

 常磐木門 を通って 「小田原城」(右)に入り天守閣から小田原藩の全貌を眺めてみた。海あり、山ありと正に絶景。このほかに「大手門跡の鐘楼」「幸田門跡」「歴史見聞館」「北村透谷顕彰碑」など見所が沢山あるが時間が無い。


  城を出た後、右手の坂道を下って「二宮神社」「二宮金次郎像」を眺め「三の丸小学校」横に出た。ここに「御感の藤」という見事な藤棚がある。
 大正天皇が感嘆したというので「御感の藤」と名ずけられたそうだが、春には見事な花が咲くことだろう。

 国道に戻ると、また「お城」(左)が。「ういろう」を造り販売している外郎家の建物・八棟造りだ。大永3年(1523)に外郎家が建設した建物を再建したもので、棟の数が多いので八棟と呼ぶのだとか。

 10数分ほど歩くと春日局が開基したという光円寺がありその前の交差点が「板橋見附跡」

 交差点を右に入り10分ほど歩くと、地元の人に板橋の地蔵さんと親しまれている宗福院地蔵堂がある。堂右手の直径1.5mほどの一木から彫られた「恵比寿様」(右)が見事。


 この先の箱根登山鉄道の踏切を渡り、国道に出たら横断歩道を越えると、北条氏時代に作られた小田原用水取水口が目の前に見える。

 高速道路の下まで来たら再度登山鉄道の踏切を渡り、その先の三叉路を左の道に入ると旧東海道。 車が通らないのでノンビリ歩ける。

 しばらく歩くと右側の奥まったところに「小田原の道祖神」(左)が鎮座しているが、その奥が21番目の風祭一里塚跡。説明板が設置されている。

 旧街道はどこもそうだが、落ち着いたほっとするような町並みが続く。「風祭り地区の町並み」(右)も場所によっては写真のように古民家が並び、江戸時代にタイムスリップしたような場所がある。


 さらに先に行き、左の坂を上ると稲葉氏一族などの墓がある「紹太寺」(左)に行き着く。なんと、このお寺の本堂は茅葺き。真っ赤に染まったドウダンツツジの向こうに見える茅葺がなんとも言えない風情を造り上げている。

 この後一旦国道に合流するが、再び旧道に入り7〜8分歩いて再度国道に合流。

 合流点に「山崎古戦場跡碑」(右)がひっそりと立っている。慶応4年(1868)というから明治の直前、幕府軍と官軍の先鋒小田原藩との間で激しい戦闘が行われた場所である。

コメント:山崎古戦場跡碑は道路工事の関係で撤去されています。平成27年5月  

  この先は箱根峠へ向かう三枚橋まで国道を歩くことになる。 ところで、小田原宿は本陣4軒、脇本陣が1軒あった大きな宿場。だが、本陣としての説明は行在所の説明板にちょっと加えたもの。小田原市教育委員会は東海道の宿場であったことに興味が無いのだろうか。 小田原市長さん、最近はどこの自治体も東海道五十三次の整備には熱心ですよ。小田原宿にも表示板などを立ててくれると嬉しいんですが。

前の宿場大磯宿へ    次に宿場箱根東坂へ    表紙へ戻る