表紙へ戻る

東海道五十三次道中記

(7)平塚宿    番長皿屋敷の「お菊さん」は平塚出身でした。      街道地図
 七夕祭りで有名な「平塚」は、宿駅制度発足と同時に宿場として指定されている。宿場の規模としては、本陣1件・脇本陣1件と比較的小さな宿場であったようだ。 平塚市は宿場の史跡紹介を実に丁寧に行っており嬉しいかぎりである。

平成17年11月16日

 馬入橋を渡った先の「二股分岐」(左)では国道1号が右へ、旧東海道は直進していく。分岐する場所辺りが日本橋から15番目の馬入村一里塚が有った場所で、懇切丁寧な説明板が建てられている。

 平塚宿でまず目指すのは紅谷町の「お菊塚」(右)。

 大型スーパーの裏の小さな公園の一角にあった。 お菊は平塚宿役人の娘さんだそうだ。奉公先で見初められたお菊さん、いうことを聞かなかったので嫌がらせを受け、ついには手打ちにされたという。  


 再び街道に戻り、商店街のアーケード先の大きな交差点を渡り70〜80mほど歩くと「平塚宿江戸見附跡」(左)の標柱と説明板があり見附石垣が復元されている。

 平塚市教育委員会は力を入れているな。

 その先の平塚市民センター中庭に「平塚の里歌碑」(右)と「江戸城の井戸枠」(右)があるではないか。何故江戸城の井戸がここに。昭和32年、市政施行を記念して東京都からもらい受けたのだとか。


 街道の右側を歩くと「脇本陣跡碑」 「高札場跡碑」が続く。高札場跡碑の道路向こう側には「平塚宿東組問屋場跡碑」がある。さらに先に進むと銀行の前に黒御影石で作られた「本陣跡碑」、その前に「本陣跡」の標柱。その先の道路が二股に分かれた右側に「平塚宿西組問屋場跡碑」と続く。いやー、よく整備されている。

ここから11月24日

 問屋場跡碑の前の二股手前を右に入ると法要寺に突き当たる。山門は入らず左に曲がると公園の中に「平塚の塚」(左)がある。塚の上が平らになってしまったので里人が「ひらつか」と呼んできたそうだ。これが「平塚」という地名の起こりとか。

 公園の左側を出て右に50mほど行くと歌舞伎で活躍する「鏡山お初の墓」(右)を見ることができる。お初は奉公先の中臈「岡本みつ女」自害の現況である年寄沢野を訪ね、主の仇と沢野を小脇差で討ったという烈女。後に賞せられ年寄にまで出世したという。


 問屋場跡碑の前まで戻り、二股道の右側の旧街道を進むと国道1号に行き当たるが、ここを左折。

 左に曲がると交差点の先に「平塚宿京方見附跡」(左)の石垣が復元されている。

 標柱と説明パネルが添えられているが、平塚宿は空襲やその後の区画整理で当時の面影はほとんど残っていない。資料などをもとに復元してきたのだとか。頭が下がる。

 この先の花水川手前に「平成の一里塚」(右)が造られている。ベンチなども用意され「休憩場所としてどうぞ」とあるが、夏は暑そう、冬は寒そう。

 平塚宿は比較的短い距離であったが、実に丁寧に宿場を紹介しており気持ちが良かった。この先の「花水橋」を渡ると8番目の「大磯宿」である。

前の宿場藤沢宿へ    次の宿場大磯宿へ    表紙へ戻る