表紙へ戻る
東海道五十三次道中記

(10)箱根宿西坂 「石畳の道」を満喫! し過ぎた。     街道地図
いよいよ相模国から伊豆国へ国境越えだ。出発地は「箱根関所京口御門」。芦ノ湖の向こうに見える富士山がきれいだ。

 平成17年12月9日

 箱根関所南の一つ先の信号を右に入り200mほど歩いて左に入るといよいよ「東坂最後の石畳道」(左)だ。曲ったすぐの斜面に見えたのは芦川の石仏群

 この先は坂の連続。まず向坂、次に赤石坂・釜石坂・風越坂・狭石坂と続く。坂を登り切ると目の前が国道1号。ここで困った。この先に歩道が無い。エイっと車道を横切って国道を上り頂上へ。

 西坂への入り口は簡単な「冠木門と石畳道」(右)だ。  

 門のすぐ先に「新箱根八里記念碑(峠の地蔵)」(左)がユーモラスな姿を見せてくれた。黒柳徹子・宮城まり子・橋田寿賀子ら8人の女性がそれぞれの言葉を揮毫、平成の地蔵様に添えられている。国土交通省も粋なことをやるね。

 下り最初の旧道入り口には道標や是より江戸二十五里と刻まれた石柱がある。井上靖揮毫による北斗欄干なる八里記念碑八ツ手観音などを見た後、「篠竹のトンネル」(右)を下って行く。

  薄暗い「篠竹のトンネル」を下りながら、もしここで箱根名物?の雲助が「おいこら」と声を掛けてきたら。想像したら背中がゾー。おー怖!

 国道1号に合流後再び石畳道へ。入り口に接待茶屋の標識。ここは新田一里塚が有った場所。その先に「兜石」(左)がある。さきほど兜石跡なる石碑があったが実物がここに。

 豊臣秀吉が休息のおり、兜をこの石の上に置いたので「兜石」と呼ばれるようになったとか。でも、本当は兜のような形だから兜石。さらに下ったところに念仏石が。

 その先の「石畳道」(右)は両側が雑木林なので木漏れ日が気持ち良〜い。

   雑木林の石畳道を出ると国道1号にニアミスして再び石畳道の大枯木坂へ。片側が開けた明るい道を下って行くと、なんと民家の庭先に。
 恐縮しながら歩き、国道1号へ。横断歩道を渡ってちょっと歩くと再び石畳道へ。 石畳道を下ると、国道合流の直前に「雲助徳利の墓」(左下)が。


 この雲助さん、本名は松谷久四郎。西国大名の剣道指南役であったが、大酒飲みのため酒でしくじり箱根の雲助に。もともと学があり剣の腕が立つので多くの雲助に慕われ、死後、徳利の付いた墓石を。

 その先の阿弥陀堂跡の石碑を眺めて歩道橋を渡り「山中城本丸跡」(右)へ。
 小田原北条氏の出城であったが、豊臣秀吉軍に攻められ半日で落城。悲劇の城である。公園として整備されているがとても広い。「本丸跡」「矢立の杉」「箱井戸跡」などを見て先を急ぐ。

 国道に出ると、Uターンする国道をショートカットするように旧道が下っていく。ほどなく芝切地蔵堂が階段の上に。

 ショートカットの道を歩き国道を横断すると再び石畳道。ここを下ると一旦国道に出るがまた石畳道となり下ってゆく。次に国道に合流したところが富士見平である。

 富士見平では芭蕉さんの強がりの一句が「句碑」(左)になっている。
「霧しぐれ 富士をみぬ日ぞ 面白き   芭蕉」
 芭蕉さん、普段の行いが悪かったので富士山が見えなかったんだ。
私は見事な「富士山」(右)を眺めることができましたよ。

 芭蕉句碑からちょっと国道を上って横断し階段を下ると上長坂の石畳道となる。坂を下りきったところで竹篭を背負ったお婆さんが「どこまで行きなさるね。最近はここを歩く人が多いよ。健康にもいいがね」

 一旦国道に合流するがすぐに左へ入りまたまた石畳道。 道祖神と馬頭観音がトタン葺きの祠の中に。さらに下って行くと左側の奥まった所に「笹原一里塚」(左)が片側でけ残っている。
 反対側に大根がずらーと干されていたが、こんな風景が懐かしいんだなー。


 国道を横切って入った道が「こわめし坂」(左)。今は両側に家が有り、舗装された道であるがここはキツイ。上りだったらと思うとゾッとする。昔、この坂を米を背負って上って行くと、汗と熱で「こわめしになった」と言われるほどのキツイ上り坂。 しかも下長坂と言われるほど長い。
 

 こわめし坂を下ると「三ツ谷新田」の集落に入り緩やかな下り坂となる。途中、松雲寺に寄り明治天皇腰腰掛石と樹齢300年という椿を見た後、しばらく歩いて小時雨坂、その先の大時雨坂(題目坂)を下っていくのだが、 この坂はこわめし坂よりもっとキツイ。が距離が短いので楽だ。

 市山新田の集落を歩いていると生け垣の中に赤い涎掛けを着けた「お地蔵様」(左)の集団を発見。六地蔵と記されていたが11体も。 

 この先で再び旧道に入ると石畳道になるが、ここを臼転(うすころがし)と言うそうだ。

 臼転がし坂を抜け塚原新田の集落に入り、だらだら坂を下って行くと国道1号に合流。合流点の三角地帯に、「箱根路」(右)と刻まれた大きな石碑がある。


 国道に合流すると、久々の「松並木」(左)が待っている。松並木の右側に初音ケ原石畳遊歩道が整備され、松の木陰が気持ちよい。ここの石畳は「平成の石畳」(平成2年建設)とでも言おうか。

  しばらく歩くと「錦田一里塚」(右)の小山と大木が見えてくる。この一里塚は現存のもので、しかも左右一対で残っているという貴重なもの。当然のことながら国指定の史跡となっている。箱根・畑宿の一里塚に感動したが、ここの一里塚にも感動。

  初音ケ原石畳の終わったところに箱根旧街道 の石碑があり、その近くに大根歌碑がある。この先は標識に従って右に入り愛宕坂を下り、東海道線の踏切を渡ってさらに今井坂を下る。
 その先の新町橋を渡るといよいよ三島宿だ。 今回も「石畳道」を満喫したが「西坂」は長かった。下りでよかったよ。

前の宿場箱根東坂へ    次の宿場三島宿へ    表紙へ戻る