HOME 東海道 中山道 甲州街道 日光街道 奥州街道 脇往還 鎌倉街道上道の旅です 最終更新日H29/8/31  上瀬谷 から本町田をアップしました

日光御成道道中記

   江戸時代の遺構・遺跡が多い御成道
       飽きない旅が出来そうだ


  元々は鎌倉古道であったが、江戸時代に日光街道の脇街道として整備されたもので、後に徳川将軍が日光東照宮へ社参する際に使用したため「日光御成道」と呼ばれるようになった。江戸城大手門から幸手追分けまで約13里(51km)の街道である。


 江戸城大手門を出た徳川将軍は神田橋を渡り、 筋違御門から筋違橋
(現在の万世橋よりやや上流)を渡り、昌平橋の袂で中山道に合流。
本郷追分けで中山道と分かれた後は、岩淵・川口・鳩ヶ谷・大門・岩槻を経て、幸手の追分けで日光街道に合流し東照宮を目指す旅であった。

日光御成道 五宿

東京 埼玉 .埼玉
 
江戸城から神田界隈

本郷界隈から駒込へ

駒込から王子界隈へ

(1)岩 淵 宿

(2)川 口 宿

(3)鳩ヶ谷宿

(4)大 門 宿

(5)岩 槻 宿

幸手追分へ


旅の記録へ

  幸手追分で日光街道に合流し、
  幸手宿へ入って行く。
  その先は日光街道の旅となる。

  日光街道幸手宿へ


感想お聞かせください。