表紙へ戻る

          日光街道 道中記    
(20)今市宿 街道地図
「高 読めますか?神社名です
今市宿は日光街道・例幣使街道・会津西街道が合流する交通の要衝として発展し、宿内人口は1100人を超えていたとされる。元々は
今村 と称されていたが街道が整備されると人が集まり市が立つようになったことから 今市 と呼ばれるようになった宿場である。

 平成19年4月26日

杉並木道の終わった所が 「今市の追分け」(左)で左からの例幣使街道と合流して(注:写真は振り返って撮影)今市宿へと入って行く。

合流点の三角地帯に鎮座しているのは とてもとても大きな「追分け地蔵」(右)。

丸彫りの石地蔵は座像であるが見上げるような大きさ。 製作年代は不明だが 八代将軍徳川吉宗の日光社参のとき すでに現在地にあったそうだ。


追分け地蔵から2~3分歩いた先の右奥は報徳二宮神社。その裏にあったのが 「二宮尊徳の墓」(左)。

二宮尊徳は居住していた今市報徳役所内で70歳の生涯を閉じたが「墓石は建てるな」と遺言していた。 しかし門人や未亡人の意志により墓石を建立。

街道に戻り左側に移ると、おっ「こもかぶり」(右)ではないか。 「日光誉」の醸造元 渡邊佐平商店 は天保13年(1842)創業の老舗。純米吟醸酒一筋、こだわりがいいねー。


日光誉の少し先に「今市の水」(左)が竹管の先から流れ出ている。今市の水は「おいしい水」なのだそうだが、うーん、おいしいと言われればおいしいような。 

その先の車道際にひっそりと立っている石柱は今市町道路元標

ここで街道の右に移ると「会津西街道相之道通り」(右)と記された標柱が建てられているが、ここは会津若松までの別名「下野街道」の入り口。


その先の国道121号との交差点を渡ると緑の広場入り口に建てられた石碑は「今市宿 二宮尊徳翁終焉の地」(左)と刻まれた標柱と「明治天皇御小休の蹟」(左)。

二宮尊徳は文政4年(1821)に下野国に移り住み その後半生を下野の復興に全精力を注いでいた。

70歳の生涯を閉じたのは居住していた報徳役所であるが その「役所跡」(右)は緑広場から2~3分先の瀧尾神社前を左に入った奥。


街道に戻ると交差点の右側から再び「日光街道杉並木」(左)。舗装されていない平坦な歩きやすい道だ。  

ここで同行の氏が「水車を見にいこう」と言うので、さらに右に入ると、なんと「重連の水車」(右)がゆっくりと回っている。この水車、「コットンコットン」とはいわず ただただ回っているだけ。

この先でも多数の水車が見られるが直径10mという巨大な水車も。


重連水車の先左側は「朝鮮通信使の客館跡」(左)。 江戸時代、朝鮮通信使は12回来日しているが、そのうち3回、日光を訪れ宿泊しているそうだ。

しばらく歩いた先の左高台は「高龗(たかお)神社」(右)。今市には同名の神社が十五社ある。
ごく普通の神社であるが神社名の文字が極めて稀。  文字を拡大すると神社


高龗神社から「杉並木道」(左)に戻るとその先に瀬川一里塚跡があるはずだが、どうも見落としてしまったようだ。

数分歩くと杉並木は途切れ瀬川の集落に入っていくが右側の並木公園内に建てられている茅葺古民家は天保元年(1830)に建てられた「旧江連家」(右)を移築したもの。

瀬川の集落を抜けると街道は再び杉並木となり いよいよ日光が近づいてきた。

前の宿場大沢宿へ    次の宿場鉢石宿へ    表紙へ戻る