表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(52)草津宿  「草津本陣」 想像よりちょっと小さかったかな    街道地図
 草津宿は、京と江戸を結ぶ東海道・中山道の追分けの宿場として賑わっていた。本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠は70余軒あったという。中でも「田中七左右衛門本陣」は日本最大級といわれた本陣で、大名はもちろんのこと、土方歳三やシーボルトなども宿泊している。現在は、修復されて一般公開されているので、ぜひ見学したい遺構だ。

 平成18年6月11日
 栗東市から草津市へ入った旧東海道は、「左側の堤防の坂道」(左下)を上り旧草津川を越えて行く。

 土手下に「いろはモミジ碑」(左)があるのでちょっと寄り道。かつて、ここに樹齢150年以上のモミジがあったそうだ。が、今は小さなモミジがちょこんと植わっている。

 旧草津川を渡り右へ下って行く途中に「常夜灯」(右)があるが、支柱が道標というなかなか面白い造りとなっている。夜は灯台元暗し がちょっと残念だが。

道標に刻まれた文字は「左東海道いせ道 右金勝寺しがらき道」。


 坂を下って10分ほど歩くと丁字路に突き当たるが、ここが草津の追分けである。「道標兼常夜灯」(左)には「右東海道いせみち 左中仙道みのじ」と刻まれている。ついに中山道追分けまで歩いてきたか。


 道標の下には「中山道のトンネル」(右)が口を開けている。上は旧草津川で、江戸時代は土手を登って向こう側に渡っていたという。明治中頃にトンネルが掘られ、土手を上らなくてもすむようになった。

 ちなみに国道1号も旧草津川の下をトンネルで抜けている。


 トンネルの左側は「高札場跡」(左)で、小さな高札が復元されている。トンネルに入ると中山道を通って江戸に行かれるが、今回の行き先は京都。丁字路まで戻り左に曲がって行く道が旧東海道である。


 左へ曲がると「堯考(ぎょうこう)法師歌碑」(右)があるが、辛辣な詩が刻まれている。
 「近江路や 秋の草つは なのみして
           花咲くのべぞ 何処ともなき  覧富士記」

近江路を草津まで来たが、秋の草花が美しい野辺を想像していたのにずいぶん違うものだ。


 歌碑の斜め向こう側が「草津本陣」(下)の建物で、左手に「屋敷門」(下)がある。

 パンフレットによると、建坪四百六十八坪、桟瓦葺き平屋妻入りで部屋数は三十余室、二百六十八畳半とある。石部宿本陣が建坪775坪だったというからこれには負けるが。
 

 二川宿の本陣が、建坪233坪で「いやー大きいなー」と驚いたが、その倍の大きさだからいかに大きいかと想像する。ところが、中を見学してみるとあまりに期待が大きすぎたせいか「暁考法師」と同じ思いをしてしまった。


 本陣のちょっと先左側の建物が「脇本陣跡」(左)で、脇に建てられた石碑に刻まれている文字は草津宿脇本陣跡


 今は観光物産館・お食事所になっているので脇本陣料理でも賞味するか。と思ったら「脇本陣」だからといって特別なメニューは無い。「脇本陣御膳」でも用意するといいのに。
 

 残念なのが、もう一軒の本陣。脇本陣跡から数軒先の商店の壁に「草津宿本陣跡」(右)と板書されているが追いやられた感じがする。せめて石碑ぐらい思うのだが、何か経緯があるのだろうか。


 ちょっと先が、「アーケード商店街の旧東海道」(左)。江戸時代から続く商店街だろう。素晴らしいではないか。 実は先ほどのトンネルを通った先の中山道はもっと立派なアーケード商店街に変身している。
 コメント:アーケードは平成23年に撤去されました。

 アーケードに入ると、すぐの左側に草津宿街道交流館があるので覗いてみるとよい。

 商店街の終わり頃に「太田酒造」(右)の酒蔵がある。太田酒造は、太田道灌を遠祖に持つ名家で、問屋場を預かり、隠し目付を勤めるなどしていたので政所とも呼ばれていた。


 県道を横断した先の「立木神社」(左)は神護景雲元年(767)の創建という大変な古社。延暦20年(801)、坂上田村麿が東北鎮圧に際して、道中安全と厄除開運を祈願したとも伝わっている。

 その境内に滋賀県で最も古いという「石造道標」(右)がある。

 「みぎハたうかいとういせミち ひたりは中せんたうをた加みち」と刻まれたこの石碑は、文化13年の追分道標(現在の追分道標)以前のもので延宝8年(1680)の建立だとか。

 やぐら橋を渡ると、まもなく「広重の五十三次草津宿」の茶店横にある「やばせ道道標」(左下)が瓢箪店の前に立っている。

 道標には「右やばせ道 これより廿五丁 大津へ舟わたし」と刻まれている。「やばせ」とは近江八景の一つ琵琶湖の矢橋湊のことで、大津まで船便があり、近道として利用されていた街道である。 


 やばせ道道標前の街道をさらにテクテク歩くと国道一号にぶつかる。ここを横断して数十メートル入ると上北池公園があり、その一角に建てられているのは江戸から118番目の「野路一里塚跡碑」(右)。


 野路は平安朝から鎌倉時代にかけて宿駅として大変に栄え、また名泉玉川と萩の名所でもあった。「萩の玉川」(左)とも言われた当時を摸した公園に源俊朝の歌碑がある。

 「あすもこむ 野路の玉川 萩こえて 色なる波に 月やどりけり」

 萩の玉川からしばらく歩き見えたのは「弁天池」(右)。池の真ん中に島が有り、弁財天が祀られている。都会では見ることができなくなった自然の池。こんなところでノンビリ釣りでもしたらストレスも解消だ。


 道中記を読まれた方から「旧東海道って人も車も通らないところなんですね」と言われたが、いやいやそんなことはないんですよ。
確かに静かなたたずまいの場所が多いですが、ここ草津宿は結構人通りが多いところでした。中山道入り口のトンネルの写真ですが、人が途切れた一瞬に撮ったもので、本当は人の行き来が多い場所なんです。でも、人が写っていた方が賑やかでいいかもしれませんね。

前の宿場石部宿へ    次の宿場大津宿へ    表紙へ戻る