表紙へ戻る


東海道五十三次道中記

 (49)土山宿  「小雨にけむる土山宿」 だったらもっと良かったのに。 街道地図

 「鈴鹿馬子唄」で知られる土山宿は、宿駅制度制定前から伊勢参道・多賀大社参道として賑わいを見せており、49番目の宿場に制定されてからは一層の賑わいとなった宿場である。今でも当時の町並みが残っており、関宿ほどではないが往時の雰囲気を十分に味わうことが出来る。観光客がほとんどいないので静かに散策出来る分、関宿より魅力を感じる。

平成18年5月24日

 鈴鹿峠の薄暗い杉林を出ると茶畑が広がり、パッと明るくなって近江の国に入る。「境界石」(左)には「是より京まで十七里」とある。およそ68km。ついにここまで来たか。

 「茶畑の間の東海道」(右)には東海道道標や現代的道標等が設置されており、東海道を歩いているという実感があるが、それより薄暗い杉林から抜け出たことの開放感がなんとも心地よい。

 茶畑の間を数分歩くと休憩所に到着。ここには「万人講常夜灯」(左)がある。 旅を計画中に「鈴鹿峠のシンボル、高さ5.5mの巨大な常夜灯」と記された文を読んだときは「これは早く見たい」と思ったのだが、ついに直接見ることに。 歩いてきて良かった!

 この先は緩い坂道を下り、国道1号を地下道で右側に横断、歩道を西へ向かってしばらく歩く。一本松緑地を過ぎ、さらに歩くと、右に入る道の先の公園に「馬子唄碑」(右)があり、一節が刻まれている。
 「坂は照るてる 鈴鹿はくもる あいの土山 雨が降る」

 国道と分かれ旧東海道を10分程歩くと再び国道に合流。合流した先の公園に山中一里塚公園」(左)と刻まれた石碑がある。「公園」ではなく「一里塚」だったらよかったのに。 
 

 公園には「擽野(いちの)観音道道標」(右)が。その昔、擽野(いちの)村へ通じる山道が有ったが、今は無くなり道標だけが残されたのだとか。隣には「馬子と馬の石像」(右)が。

 再び国道1号を西へ10分ほど歩き、右へ下って行く道が旧東海道猪鼻の集落。

 集落の中程、民家の庭先に「旅籠中屋跡」(左)と刻まれた石碑があり、その奥に明治天皇聖蹟碑が。お泊まりになったのだろうか。それとも休憩された場所だろうか。

 またまた国道に戻り白川神社が見えたらその先を右に入って行く。

 工場の間を抜けると、右側の道端に「蟹坂古戦場跡碑」(右)が。北畠具教配下の軍と、山中秀国軍がこの地で合戦。秀国軍が勝利を収めた戦いであった。

 古戦場跡碑の前から、田んぼの中の道を進むと田村川にぶつかる。

 江戸時代は橋を渡って「田村神社」(左)の参道を通る道が東海道であった。今は橋が無いので国道に迂回するしかない。 と思っていたら真新しい橋があるではないか。橋を渡って田村神社へ。昔と同じだ。
 

 田村神社の参道を歩き、国道1号を渡ると目の前が道の駅で、その左側から道の駅裏に回り込む道路が旧東海道。 道の駅裏まで来ると土山宿案内板「土山宿碑」(右)が出迎えてくれる。

 しばらく歩くと、「道標と地蔵堂」(左下)、その先に「上島鬼貫(おにつら)句碑」(右下)がある。

 道標には「従是 右京都へ十五里 江戸へ百十里」とある。十五里とは60km。京都が大分近づいた。でも、合計125里ということは約500km。  ちょっと変だが、まあいいか。

 「吹け波(ば)ふけ 櫛を買いたり 秋乃風」 

 説明書きによると 「上島鬼貫は、大阪・伊丹生まれの俳人。 東の芭蕉、西の鬼貫とも言われ、独特の境地を開いた人で、東海道を旅の途中、土山に寄り、お六櫛を買い求めたときに読んだ句」 だそうだ。

 10分ほど歩くと、右側の民家前に「東海道一里塚跡」(左)と刻まれた土山一里塚跡碑が建てられている。

 さらに10分ほど歩くと「来見(くるみ)橋」(右)に到着。

 「橋」というよりは「瓦葺き屋根の白壁」といった感じで、なかなか素敵な造りである。白壁には広重の「五十三次土山宿」の絵や「土山茶もみ唄」の歌詞が記されたパネルが貼り付けられており、見ても楽しい。
  

 来見橋の先が土山宿の旅籠街。早速「旅籠跡碑」(左)が。このあと「二階屋脇本陣跡碑」(左)を含めて、次から次へと旅籠名の入った旅籠跡碑が続く。
 

 脇本陣跡の少し手前に「うかい屋」(右)という民芸茶房がある。築180年の建物を改造したという店内には囲炉裏があるそうだ。ちょっと気になる茶房である。

 うかい屋の少し先、右奥の東海道伝馬館の玄関前に「森鴎外来訪の地碑」(左)が。

 土山宿と森鴎外とは意外な取り合わせであるが、鴎外の祖父が旅の途中、土山で急死している。その祖父の墓参のため訪れたもので、後に遺言で祖母、母も葬られているそうだ。

 「東海道伝馬館」から街道に戻った右側に「問屋場跡碑」(右)があるが、土山宿にはもう一カ所問屋場があった。

 左写真の建物も問屋場として使われた時期があったそうだ。
この辺りは古民家が点在する。 馬子唄に「・・・・あいの土山 雨が降る」とあるが、小雨に煙る土山宿のしっとり濡れた古民家が見られたらいいのだが、残念ながら今日はかんかん照り。

 問屋場宅の隣が「旧本陣」(右)で現在も住居として使われている。説明書きでは、「三代将軍家光上洛の際設けられた」と記されているが、現在の建物がそうであると記されてはいないので、いつ頃の建物であるかは分からない。

 しばらく歩き交差点を渡ると、右側に「大黒屋本陣跡、問屋場跡、高札場跡」(左)の3本の石碑が建てられている。

 ところで、本陣、脇本陣のどちらに泊まれるかは大名にとって大変重要なこと。なるべく大名同士の泊まりが重ならないように調整することが大変だったようですよ。

 この後、国道1号を横断して再び旧街道を歩くわけであるが、途中の現代的な道標に従って歩くと野洲川に行き当たり行き止まり。この道が旧東海道ではあるが、行き止まりになるとは。さきほどの現代的な道標まで戻るはめに。甲賀市教育委員会さん、道標に一工夫願えますか。

 気を取り直して一旦国道に戻り、ガソリンスタンドの先から左の道に入って行くと歌声橋という歌声喫茶のような名前の橋に出会う。この橋は「野洲川」(左)に架かっている橋だが、ここからの野洲川は、深山幽谷とは言わないがそんな雰囲気がある。

 歌声橋を渡って、かれこれ30分ほど歩いただろうか。民家の前に「一里塚跡碑」(右)建てられているが、ここは江戸から110番目の市場一里塚」有った場所だ。 

 

 この先の大日川掘割碑・東海道反野畷碑を見た後は坦々とした道が続き、大野公民館まで歩くと「鴨長明歌碑」(左下)がある。

 街道右手に見える布引山は春夏秋冬それぞれに趣があり多くの旅人に詠まれてきた。水口宿の大岡寺(だいこうじ)で得度した鴨長明も布引山をこよなく愛した一人。
「あらしふく 雲のはたての ぬきうすみ むらぎぬ渡る 布引の山  鴨長明」
 

 再び国道1号を横断。しばらく歩くと長かった土山宿も「今宿碑と常夜灯」(右)が見えたらやっと終わり。 再度、国道1号を横断すると、水口宿の大きな縦長看板が出迎えてくれる。

前の宿場坂下宿へ    次の宿場水口宿へ    表紙へ戻る