表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(48)坂下宿  江戸時代との落差が大きすぎる坂下宿でした   街道地図
 坂下宿は鈴鹿峠の麓にあり、往時は戸数300余り、本陣3軒、脇本陣1軒と大変賑わった宿場であった。しかし、明治以降は東海道線の開通など交通形態が大きく変わったことから宿場としての機能が失われ、いまでは数十軒の民家と茶畑だけの静かな山間の集落に変わってしまった。

 平成18年5月12日
 関宿の「西の追分け」を出て国道1号を十数分歩き鈴鹿川の手前で右に入ると市瀬集落である。

 集落の出口まで来ると荒削りの「常夜灯」(左)に出会える。山間の田園と常夜灯の構図がなんとも言えず絶妙。この先で国道を横断すると同じような常夜灯がもう1基ある。 

 2基目の常夜灯の先から再び国道1号に合流。右側に渡り、しばらく歩くと細くなった鈴鹿川が国道の下を横切るが、その先、国道左側の斜面の上に無造作に立っているのは「坂下市瀬一里塚跡碑」(右)。


 一里塚跡碑の少し先で右へ曲がると再び旧東海道の静かな集落に入る。30分ほど歩くと鈴鹿馬子唄会館前に到着。

 「日本橋」と書かれた太ーい柱(左)が立っており、その次は「品川」 川崎 神奈川・・・・・三条大橋」まで続く。その横が「馬子唄会館」なのでちょっと見学と休憩を。

 馬子唄会館を出て階段を登ると目の前が「小学校跡」(右)。
いやー懐かしい。昭和30年代の小学校風景だ。かつては子供達で賑やかだったのだろう。


 山の中にしては広い道をさらに20分近く歩くと坂下の集落に到着する。集落の中程にバスの発着場(終点)があり小さなバスが午前中4本、午後3本運行されているという山間の静かな里である。

バス発着場のかたわらに「松屋本陣跡碑」が立っている。ちょっと歩くと「大竹屋本陣跡碑」、その先に「梅屋本陣跡碑」、さらにその先の右側に「小竹屋脇本陣跡碑」と本陣跡碑が続く。


 梅屋本陣跡碑対面の法安寺山門「松屋本陣の門」(左)を移築したものである。それはそれは立派な門だが、このような立派な門構えの本陣が3軒もあったとは信じられないほど今は静かな里に。   

 「本陣大竹屋」(右)があった場所は右写真のごとく見渡す限りの茶畑に変わっている。「本当にここが本陣・脇本陣が4軒もあった宿場なの」と聞きたくなってしまうほど江戸時代との落差が大きい。


 ここから平成18年5月24日
 午前中の最後のバスに乗って坂下宿に到着。今日は鈴鹿峠越えだ。

 本陣跡碑の前を通って6〜7分歩くと国道1号に合流するが、その合流点に「岩屋十一面観音菩薩碑((左)がある。碑の後ろに阿弥陀如来、十一面観音菩薩、延命地蔵が祀られているそうだ。

 しばらく国道1号に沿って歩き「片山神社」と刻まれた石柱が見えたら右の道に入って行く。杉林の中を進むと「片山神社」(右)に行き着くが今は本殿が見あたらず荒れてしまっている。

 旧東海道は神社の右を回り込む上りで、途中から石畳の道だ。


 国道の高架下を上ると休憩所であるが、さらにその左脇の道を上ると、ありました「芭蕉句碑」(左下)が。

   ほっしんの 初(はじめ)にこゆる 鈴鹿山   芭蕉
 この山道を登りながら新境地を切り開く思いを詠ったものだそうだ。
芭蕉さんは偉いナー、いつも新境地にチャレンジとは。

 杉木立の中のつづら折りの道を登って行くと、あっという間に「頂上」(右)に到着。東の箱根、西の鈴鹿と言ったではないか。途中の説明板にも「険しい峠道は・・・・」と書いてあったではないか。

 まさかここが頂上ではないでしょ? えっ、ここが頂上!


 鈴鹿峠の頂上(旧東海道の頂上)は杉木立の中で全く見通しが悪い。木製の行き先表示に「田村神社跡」(左)10m、「鏡岩」(右)150mとある。ちょっと寄り道を。江戸時代には、ここに坂上田村麿呂を祀った田村神社や茶店があったそうだが今は見渡す限りの杉林。

 杉林の中を歩き「鏡岩」(右)まで行ってみた。今はごつごつした岩。伝説では「山賊が鏡岩に映る旅人を襲撃していた」ということだが。実は馬子唄会館で鏡岩にまつわる面白い伝説を聞いたのだが、うーん、思い出せない。どなたか覚えていますか。  

 追記:坂下宿でお会いした佐藤さんから「鈴鹿御前」という伝説をメールしてもらいました。最下段に記ましたのでご覧下さい。

 峠道に戻り杉林の中を数分歩くと、突然開けた場所に出る。

「三重・滋賀県境」(左)で「県境石柱」(左)が建てられており次のように刻まれている。
  これより京まで十七里 界 左三重県伊勢の国 右 滋賀県近江の国 と。


 近江の国は見渡す限りの茶畑で始まった。余りの変化に一瞬戸惑いを感じるくらいである。「牧ノ原台地(金谷宿)」を歩いているときは深緑の茶畑であったが、やはり黄緑の茶畑が良い。

 この辺りの道は舗装されておらず両側は茶畑。電柱が無ければ「江戸時代の東海道を歩いている」そんな雰囲気にもなれそうな道である。この先は緩い下り坂。馬子唄にも唄われている「あいの土山」は・・・・・まだまだ先だ。


  鈴鹿御前伝説
 鈴鹿山に住む鬼姫は第四天魔王の娘で、実は坂上田村麿呂の妻だという。元々は、大嶽丸に嫁入りするため日本を訪れていたのだが、なんと自分を退治しにきた坂上田村麿呂に惚れてしまい、ついにその妻になってしまったのだそうだ。 坂上田村麿呂さん、鬼姫の妖術に負けてしまったようですな。

前の宿場関宿へ    次の宿場土山宿へ    表紙へ戻る