表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(43)四日市宿 弥次さん喜多さんもビックリ。アーケード商店街の旧東海道 街道地図
 江戸時代以前から市場が開かれ賑わっていた宿場であるが、やがて毎月4日に大きな市が立つようになったという。この宿場は本陣2軒、脇本陣1軒という中規模の宿場であったが、お伊勢参りへの追分けでもあったことから伊勢神宮参拝客で賑わっており旅籠は111軒もあったそうだ。
 
 平成18年4月20日
 「朝明橋」を渡り、坂を下って行くと松寺の立場跡があるが、ゴミ置き場になっているので写真に撮れない。残念。 コメント:現在はきれいに整備されているようです。


 立場跡から十数分歩くと、右の奥まったところに「長明寺山門」(左)が見えるが、この寺院は堀で囲まれている。かつては蒔田氏の居城であったそうだ。

 しばらく歩くと交差点の先にほのぼのとした伝説が残る「鏡ケ池碑」(右)がある。
 聖武天皇が通りかかかると一陣の風が吹き、笠が池に。と、傍らで洗濯していた娘が拾って差し上げた。翌朝、「馬上の天皇と見送る娘」が鏡のように澄んだ池に映り、まるで一幅の絵を見ているようだったとか。



 三岐鉄道のガードと関西本線の踏切を越えて次の交差点を左に曲がり名鉄のガードを通ると「富田一里塚跡碑」(左)がある。 ちなみに三重県内の一里塚は「縄生」から「坂下一ノ瀬」まで11カ所。
 

 古民家の残る富田町を歩いていると八幡神社の前に「力石」(右)が。江戸時代から大正時代までは「若者の力持ち競い合い」とともに「健康長寿」への信仰対象でもあったようだ。重さはおよそ100Kg。



 八幡神社のすぐ先右側に「大正天皇行啓記念道路碑」(左)を見ることができる。大正天皇が皇太子の時、この道路を通り富田中学へ行かれたことを記念して建てたのだとか。大正天皇の記念碑は珍しい。

 ほどなく、電柱に大きく「右東海道と書かれている。指示に従って右に曲がり数分、小学校の入り口に「明治天皇御駐輦(ちゅうれん)跡碑」(右)がドカーンと。「ご休息した場所」とでも理解できようか。


 十四橋を渡り、常夜灯を見て数分歩くと「薬師寺」(左下)に到着。


 この寺院の本尊薬師如来は弘法大師が万病平癒を願って、自ら彫り開眼させたという有り難ーい仏様。なんと、本堂が火事になったときは仏様が自ら門前の松に避難し燦然と輝いていたそうだ。
 

 薬師寺からさらに歩くと丁字路の正面にも「力石」(右)が有りました「新設用水道碑」(右)の隣にある石が「力石」。こちらの石は明治の中頃、寺院の建設用に集めた石の一つを力競べに使った物だとか。



 力石前を左折し突き当たりを右に曲がると「左四日市 右いかるが」と刻まれた「道標」(左)がある。「いかるが」といえば奈良、ちょっと遠すぎる? 実は、この先に「南いかるが町」という地名があるのですね。


 この後、富田山代有料道路の下を通り、米洗川手前の「常夜灯」(右)を見て、街道松を眺め志氏神社鳥居前光明寺前を通って国道1号に合流する。国道に合流したらちょっと寄り道を。



 国道に出たら右へ曲がり道なりに数分、踏み切り手前の高台に上ると、ここが「羽津城址」(左)である。藤原盛宗が城を築き、その後四代続いたが織田信長に攻め滅ぼされ、以降再建されることはなかった。


 国道に戻り数分歩くと歩道の右側にちょこんと「道標」(右)が立っている。刻まれている文字は 「右桑名道 左四日市道」。ならば左へ。


 国道を左側に移りしばらく歩くと上り坂になる。その手前で左の道に入り、多度神社の前を通ると目の前が海造川。堤防のこちら側にある石碑は平成13年(2001)に建立された99番目の「三ツ谷一里塚跡碑」(左)。

 海蔵橋を渡り旧街道の三滝橋を渡ると、天文13年(1550)創業という「笹井屋」(右)の建物が見える。

 36万石大名藤堂高虎が足軽のころ、「吾れ武運のながき餅を食うは幸先よし」と勇んで食べた「なが餅」を売る店である。細長く、ほんのり甘い餅がなんとも旨い。


 交差点を渡り、道なりに進むと十字路向こうに「すぐ江戸道」と刻まれた背の高い「道標」(左)がある。左側面には「指差し した手」が彫られているので指差し道標とでも言おうか。

 道標の次の十字路を右に曲がり、国道1号を越えて旧街道に入ると「四日市祭り」が行われる諏訪神社である。


 その先は「アーケード街の旧東海道」(右)。このアーケード街旧東海道を弥次さん喜多さんが見たらビックリするだろーな。


 アーケード街を抜け、丹羽文雄誕生地碑を見たりしながら7〜8分。

 「浜田城址・鵜森神社」の案内標識を見たら右に入ると数分で鵜森神社に到着。ここは「浜田城址」(左)でもある。この城も織田信長の家臣滝川一益に攻められ落城したのだという。 

 街道に戻り、近鉄のガードをくぐり、20〜30分ほど歩いた先の古民家は「鈴木薬局」(右)。

 製薬業を営んでいた鈴木家の建物で、嘉永5年(1852)に建てたものというから150年以上前。今でも「無二即治膏」「満金丹」などの膏薬を販売しているそうだ。


 鹿化橋を渡り、天白橋を渡り?? 以前も天白橋を渡った記憶があるが。鳴海宿から笠寺の一里塚に向かう途中で。調べたところ鳴海宿での橋は「名古屋港に流れ込む天白川に架かる天白橋」。こちらは「四日市港に流れ込む天白川に架かる天白橋」。同姓同名の橋とは珍しい。


 およそ30分ほどをテクテクと歩き、ついに到着しました。
100番目の一里塚。 「日永の一里塚跡碑」(左)が倉庫と倉庫の間に申し訳なさそうに立っている。
100番目ということは江戸から400キロメートル。あと92キロメートル歩けば京都三条大橋。
思えば遠くまで来たもんだ。

 一里塚から20分ほど歩くと国道1号に合流する。


 合流した先で再び二つに分かれるが、ここが「日永の追分け」(左)。ここでお伊勢参りの伊勢参宮道と京へ上る東海道が分かれるが、「追分け道標」(右)には「右京大坂道  左いせ参宮道」と刻まれている。

 ここには伊勢神宮遥拝鳥居・常夜灯などがあるが、注目は御神水がこんこんと湧き出ていることである。と書くと風情があるが、塩ビのパイプからジャージャーと流れ出ている。一口飲んでみた。

 最初は普通の水。飲み込んだ後なんとなく甘い。やはり「ご神水」だ。


 追分けを右に進み、近鉄・内部線の踏切を渡り、今度は左側の旧街道を道なりに20分ほど歩くと内部駅前に出る。


 ここから平成18年5月11日

内部駅前から県道を横切って旧街道に入り内部川を渡ると、土手下に内部平成の一里塚がある。雨が本降りになってきたのでここで雨宿り。


 国道1号を横切って旧街道をしばらく歩き、金比羅宮の前を左に曲がると「杖衝(つえつき)坂」(左)の上りとなる。この坂に伝説が。
 「日本武尊が東征の帰途、疲れ果てた身でこの地をお通りになり、あまりのお疲れに腰の剣を杖にして上ったので杖衝坂といえる」と古事記にあり。

 坂の途中に「芭蕉句碑」(右)がある。
 「歩行(かち)ならば 杖つき坂を 落馬かな 芭蕉翁」 なまじ馬に乗ったものだから落馬しちゃったよ。 芭蕉さん、恥かきましたな。ついでに季語を忘れた句を作るなんてよほど慌てていたんでしょう。



 杖衝坂を上り切った左側に「血塚社」(左)がある。ここも日本武尊伝説の地。詳しいことは分からないが、杖衝坂を上った日本武尊の足から血がにじみだしたので、その血をぬぐった場所だと云われている。

 坂を上ると采女(うねめ)の集落が続き、やがて国道1号に合流。

 なんと国道1号の向こう側に「采女一里塚跡碑」(右)が見えるが渡る術が無い。かなり先まで歩き、横断歩道を渡って戻り、やっと間近に見ることができたのだった。


 四日市宿には本陣2軒、脇本陣が1軒あったが跡碑や表示が無かったので見つけることが出来なかった。残念! 
四日市市教育委員会さん、せめて「清水本陣跡」だけでも表示をお願いできますか。

 前の宿場桑名宿へ   次の宿場石薬師宿へ    表紙へ戻る