表紙へ戻る


東海道五十三次道中記 

(42) 桑名宿   桑名の石取り祭りは 鉦や太鼓でゴンチキチン     街道地図

 木曽・長良・揖斐の三大河川が集合する桑名宿は物資流通の中継点として、また伊勢神宮への参詣客などでも賑わいをみせた宿場であったが、江戸時代に2度の大火に見舞われる悲劇の宿場であった。近いところでは昭和34年の伊勢湾台風では壊滅的な打撃を受けてしまうが、それでも歴史的遺産が多く残されており、江戸時代を十分感じることが出来る宿場町である。

平成18年4月19日

伊勢大橋からテクテクと揖斐川の堤を歩いてくると「六華苑」の看板と長屋門が見える。江戸時代の遺構ではないが見てみることに。

 苑内に入り最初に目にするのが「六華苑洋館」(左)。大正二年完成という、まさに大正ロマンの建物。国の名勝に指定された庭園も見所。


 今回は冒頭から名物の話を。宮宿で名物ひつまぶしを食べ損なってしまったので桑名ではぜひ「蛤」を食べねばと六華苑併設レストランで奮発したのが「蛤御前」(右)。蛤の酒蒸しが旨かった。

 六華苑の斜め先の揖斐川堤防上に「住吉神社」(左)がある。神社前の住吉浦は江戸時代には全国から多数の廻船業者が集まり大変な賑わいだったようだ。今は大規模な治水工事が行われ、当時の様子は全く見られない。
  

 境内に「山口誓子の句碑」(右)が。
 「水神に 守られ冬も 大河なり   誓子」
うーん、その通りだけど、なんだか平凡だなー。

 住吉神社を出て橋を渡り、最初の交差点を左に曲がるといよいよ本陣・脇本陣などが並んでいた昔の宿場街だが、今は料亭や民家が並ぶ静かな町並みに変わっている。

 町並みを中程まで歩くと、料亭「船津屋」の塀の中に「歌行灯句碑」(左)が建てられている。 「かわをそに 火をぬすまれて あけやすき   万」
と刻まれているそうだがほとんど読めない。久保田万太郎が、泉鏡花の歌行灯の舞台である船津屋で詠んだ句だそうだ。
 

 その「船津屋」はもともとは「大塚本陣」(右)であったが、明治に入り宿駅制度が無くなると料理旅館となり、現在は高級料亭に変わっている。その先が脇本陣駿河屋跡で、今は料理旅館「山月」となっている。

 本陣・脇本陣前の道を進むと、突き当たりに「七里のわたし碑」(左)が建てられている。目の前は高い塀になっているが、右へ曲がったすぐ先の左側は「桑名七里の渡し跡」(右)。
 

 この「渡し」は東海道宿駅制度が出来る前の室町時代から栄えていた。 ここには伊勢神宮一の鳥居が建てられており、伊勢神宮の玄関口でもあることから、お伊勢参りの旅人でも大変な賑わいを見せた宿場であった。
  

 渡し跡の先にある建物は「蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)(左下)。

 正式名称は「水門統合管理所」であるが、蟠龍櫓のあった場所に建てるので、外観を極力復元した建物にしたとのこと。嬉しいね。ちなみに「蟠龍」とは「龍が天に昇る前のうずくまった状態」なのだそうだ。

 蟠龍櫓前の公園で一休みしたあと街道に戻りちょっと歩くと「舟会所跡問屋場跡」(右)を説明するプレートが石柱の上に乗っている。

 
「舟会所」とは今でいうJRの緑の窓口みたいな存在で、ここで乗船の申し込みを行い、料金を支払って渡し舟に乗り込んだのである。

 通り井跡の説明プレートを読んだ後ちょっと寄り道を、と向かった場所が次の交差点を左に曲がり多門橋・舟入橋を渡った先の公園。

 見付宿の大日堂で松の木に登り、武田軍の物見をしていた若武者「本多(平八郎)忠勝」(左)がここにいた。桑名藩10万石の大名に出世していたのだ。

 忠勝像の前が忠勝の居城「桑名城」が有った場所で、現在は「九華公園」となっており、一角に「桑名城址碑」(右)が建てられている。

 資料によると、桑名城の天守閣は四重六層という勇壮なものであったそうだが、残念ながら元禄14年の大火で焼失。再建されることはなかった。

 街道に戻り次を目指すのだが、桑名宿には街道歩きにとって大変ありがたい仕組みが施されている。 それは旧東海道の道筋はベージュのカラー舗装となっているので、この上を歩けば道に迷うことが無いという、親切この上なし。

 街道に戻って数分歩くと「勢州桑名に過ぎたるものは、銅の鳥居に・・・」と歌われた春日神社の「青銅鳥居」(左)、その横には「しるべ石」(左)がある。「たずぬるかた」「おしゆるかた」と刻まれたこの石は行方不明者を捜す伝言板。

 春日神社にも有りました「山口誓子句碑」(右)が。
「山車統べて(だしすべて) 鎧皇后 立ち給う   誓子」
山車に立つ神巧皇后を詠まれたのだそうだが、誓子さん ちょっと皮肉ってますな。

 春日神社の斜め前に「歴史を語る公園」という面白い公園があった。「日本橋」(左)を出発して、富士山を眺め、桑名宿を見て、三条大橋までわずか2分で歩けるというタイムスリップでもしたような公園なのである。

 公園の終わりから右に曲がり数分歩くと、山口誓子が一句残した「石取り祭りの山車」(右)が展示されている「石取会館」がある。 「桑名の石取り祭りは 鉦や太鼓でゴンチキチン」 なんだか京都の祇園祭りみたいだな。いやいや向こうはコンチキチン、桑名はゴンチキチン。

 石取会館先の交差点を真っ直ぐ行かず左へ曲がると面白い道標があった。行き先を指さしているのである。この先の商店街の中にも新しい「指差し道標」(左)がありました。
 

 旧東海道は交差点の先で左へ曲がるのだが、真っ直ぐのすぐ先右側で「京町見附跡」(右)の説明プレートが見られる。街道に戻ると、商店街の中の道が旧東海道である。

 商店街の先でカラー舗装は終わってしまうが、この先の旧東海道も曲がり角には必ず石柱の道標で案内されるので迷うことが無い。
商店街を抜け、吉津屋見付跡から枡形道を通って鍛冶町常夜灯跡、万古焼き創始者「沼波弄山」の墓がある高徳寺などを見ながら
日新小学校前交差点を右に入って行くと、道は急に旧道らしく変化する。 コメント:鍛冶町常夜灯跡説明プレートは撤去されている。

 本多忠勝が作らせたという「鋳物工場の跡」の前を通ってしばらく歩くと、十字路の向こうにかなり「古い道標」(左)が立っており、「左東海道  右西京」と刻まれている。鉄骨で補強されているが、これからも長く残ってほしい。
 

 少し歩くと、店先に梵鐘が二つ置かれた「梵鐘店」(右)があった。鐘突堂に下がっているからこその梵鐘、道端に無造作に置かれた梵鐘はなんとも様にならない。 こんな重い物を盗む人はいないんだろうな。

 国道1号を越えてすぐの場所に「馬つなぎ金具のある民家」(左)があった。いつ頃まで馬をつないでいたのだろうか。何の変哲もない丸い金具なので、ガイドマップが無ければ完全に通り過ぎている。

 古民家の数分先のT字路右側は「立場跡」(右)。資料によると「立場とは人足の休憩場所、さらには茶店などもあったので一般旅人の休憩場所でもあった」とある。

 先ほどの「馬つなぎ金具」などはまさに「立場」を象徴する遺構だろう。  

 立場跡のT字路を左に曲がると、どこまでも真っ直ぐな道が続き20分ほど歩く。

 行き着いたところが員弁川、その手前に「伊勢神宮常夜灯」(左)と「里程標」(左)が立っている。この常夜灯は文政元年(1818)に建てられたというから190年近く前のもの。まだまだ長生きしてくれよ。

 員弁川(町屋川)は渡しではなく橋が架けられていたが今は橋が無いので、少し下流の町屋橋を渡ることに。橋を渡ると「文学の中の町屋川と橋」(左)と題された説明パネルが設置されており、江戸期の作品が紹介されている。

 国交省も粋なことをやるではないですか。

 町屋川を渡り50mほど戻って旧東海道の町並みをしばらく歩くと、左側のタバコ店の前にまたまた有りました。「山口誓子句碑」(左)が。
  「露けさよ 祷りの指を 唇に触れ  誓子」 
  
桑名宿では (ここは朝日町だが) 山口誓子によく出会いますナー。
 

 誓子句碑の少し先、民家前に江戸から97番目の「縄生(なお)一里塚跡碑」(右)がポツンと立っている。なんだかションボリしているみたいな石碑だ。

ここから平成18年4月20日

一里塚跡碑から4〜5分歩くと近鉄・伊勢朝日駅の前に出るが、手前の広場と踏切を渡った先の2カ所に朝日町の史跡案内板があるので参考になる。また踏切を渡った先には旧東海道と刻まれた石柱、さらには樹齢300年の榎の説明碑などもある。

 踏切を渡って10分ほど歩くと交差点右側に「小向(おぶけ)神社石柱」(左)が立っているが、ここを右に曲がると10分ほどで小向神社に行かれる。毎年8月に行われる「たいまつ祭り」は見応えがあるそうだ。
 

 交差点を右ではなく左に曲がった先は朝日町資料館。資料館前の十字路を右に曲がると、国学者「橘守部誕生地碑」(右)が駐車場の一角に立っており、佐々木信綱の「くちせぬ名を 國つ学の 道の上に・・・・・」が刻まれている。

 街道に戻り数分歩くと右奥に見える寺院が「浄泉坊」(左下)。

 街道沿いには寺院が多いが「浄泉坊」だけはちょっと格が違う。東海道を往来する大名は、この寺院だけは駕籠から降り、頭を下げて通らなければならなかった。何故ならこの寺院には故有って「三ツ葉葵」の使用が許されていたのだ。徳川のご威光は凄い。
 

 田んぼの遙か彼方に「多賀大社常夜灯」(右)が見える。
高台にあるせいかすっくと立った姿がなんとも頼もしい。
 

 この先は伊勢湾岸道の下を通り、朝明川を越えると朝日町から四日市市に入る。目指すは43番目の宿場「四日市宿」。

前の街道巡見街道へ    次の宿場四日市宿へ    表紙へ戻る