表紙へ戻る

東海道五十三次道中記

(36) 赤坂宿  江戸時代から営業が続いている旅籠にはビックリだ。
                                                                               街道地図

 赤坂宿は御油宿からわずか十六町(約1.7km)という近さの宿場であるが大変な賑わいで、当初は1軒であった本陣も宝永4年(1711)には4本陣
となり、旅籠屋も亨保18年
(1733)には83軒という大きな宿場に発展していった。しかし、この宿場も御油宿と同様、東海道線から離れていたため
明治以降は急速に衰退してしまった。それでも当時の面影はかなり残っている。

平成18年3月3日


 御油の松並木が終わり、小さな橋を渡ると右側に赤坂宿の「見付跡説明板」(左)があり、ここからが赤坂宿。

 数分歩くと天を圧する「関川神社の大楠」(右)、樹齢800年だとか。関川神社には芭蕉の有名な「句碑」(右)がある。
「夏の月 御油より出でて 赤坂や  芭蕉翁」



 いよいよ赤坂宿の旅籠街。「問屋場跡」(左)の説明板が民家軒先の高ーい所から下がっている。この看板がなかなか見つからなかったのだが、なんと、こんなに高い所にあるとは。

 旅籠街に入ってまず目についたのが「本陣跡」(右)の格子戸門。松平彦十郎家の本陣跡だが、なんと畳数422畳であったという。6畳程度のビジネスホテルなら70室にもなる。説明書きによると、間口十七間半・奥行き二十八間、ざっと31m×50m。でかい!



 数分歩くと右側に「尾崎屋」(左)という民芸品店がある。子供のころよく見かけた「店前の葦簀(よしず)」がまだ健在だったとは、時代が逆戻りしたような。

 尾崎屋の前の路地を左に入り浄泉寺の山門をくぐると「東海道五十三次赤坂宿」の旅籠屋の中庭に植えられていたという「大蘇鉄」(右)が移植されている。

 安藤広重が眺めた蘇鉄を自分も眺めていると思うと「広重さん」と声を掛けたくなってしまうんだなー。



 赤坂宿で見逃せないのは旅籠「大橋屋」(左)。正徳6年(1716)の建物だそうだが、びっくりするのはこの建物で今も旅籠を営業していることである。 

 ところで、赤坂宿は歓楽街的な要素も強く、こんな戯れ歌が。
 「御油や赤坂吉田がなけりゃ 親の勘当うけやせぬ」

 大橋屋からちょっと歩くと「よらまいかん」(右)と書かれた建物がある。休憩所であるが、自販機と幅広の縁台が有るだけなので気兼ねなく休憩できる。建物前にある石碑は赤坂宿碑



 「よらまいかん」は左側であるが、右側の柵の外側に「高札場跡」(左)の標柱が立っている。標柱の前に安全柵、うーん、どっちが先か分からないが写真写りが悪いんだなー。
 

 高札場跡の20mほど先に「陣屋跡」(右)の説明板。代官屋敷といえば分かり易い。「お代官様」といえばすぐに「悪代官」が思い出されるが、これはTVの世界。赤坂宿のお代官様はどうだったのだろうか。

ここから先は3月17日

 陣屋跡から数分歩くと杉森八幡宮の鳥居があり、境内には樹齢1000年という見事な「夫婦楠」(左)がある。関川神社の楠は800年、こちらは1000年。樹には寿命というものがないんだろうか。羨ましいね。 
  

 神社から街道に戻ると右側に「京側見付跡」(右)の標柱。ここまでが赤坂宿内ということになる。その斜め前に「十王堂跡」(右)の標柱。



 音羽中学の前を通って10分ほど歩いた先の細い道は「八王子神社参道」(左)。わずかな距離であるが 「杉木立の中の石段に木漏れ日」、なんとも言えない雰囲気が箱根の石畳道を思い出させてくれた。
   

 街道に戻り一里山庚申道標を見て橋を渡り、高速道路の下を通ってしばらく歩くと「一里塚跡」(右)と記された標柱があるが、ここは「長沢一里塚」があった場所。のどかな道で結構楽しく歩ける。



 のんびりと集落を歩いていると、石垣の上にぼさぼさと木が茂った中に観音様と歌碑がある。この歌碑は磯丸「みほとけ歌碑」(左)といい、念仏供養のために妙香尼が建てたもの。
「おふげ人 衆生さいどに たちたまう このみほとけの かかるみかげを 八十二翁 磯丸」

 まもなく国道一号に合流。 ここで『春見つけた』。歩道際の土手にタンポポが沢山咲いている。土筆も見える。 思わぬタンポポとツクシの2ショット」(右)。街道歩きを楽しくさせてくれる一場面でした。



 ここから先は国道1号をてくてくと歩いて間宿(あいのしゅく)の「本宿」までウォーキングだ。

コメント:赤坂宿には本陣が3軒と記された資料もあるが、音羽町教育委員会発行の資料では本陣4軒となっているので、本文では本陣4とした。

前の宿場御油宿へ    次の宿場藤川宿へ    表紙へ戻る