表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(32) 白須賀宿 格子戸の古民家を堪能した宿場でした  街道地図
 白須賀宿は遠江国の一番西端にある宿場で、その先は三河国(愛知県東部)になる。当初は潮見坂下にあった宿場であるが、宝永4年(1707)の津波で壊滅的な打撃を受けてしまったため現在地の潮見坂上に移動した宿場であった。 今でも格子戸のある古い民家が多く、江戸時代の雰囲気をたっぷり味わうことができる。

 平成18年3月2日


 白須賀で最初に出迎えてくれるのが「白須賀宿マップ」(左)。これから歩こうとする場所までの距離と時間が入った絵地図なので、しばし眺め頭の中にたたき込んだのだが、10歩も歩くともう思い出せないんだ。
 

 白須賀宿マップから10分ほど歩くと民家前に「高札場跡碑」「一里塚跡碑」(右)が並んでいる。 この一里塚は江戸から70番目の「白須賀一里塚」。ということは日本橋から280km。いやーよく歩いたものだ。




 一里塚跡碑から10分ほど歩き右へ曲がった突き当りの蔵法寺に「潮見観音」(左)という有りがたーい観音様が祀られている。遠州灘を行き交う船は必ず帆を下げ観音様の名前を念じて通り過ぎることになっていたそうだ。

 再び街道に戻り、数分歩くと道が二手に分かれる。「夢舞台道標」「左新道・右旧道」(右)と刻まれた石の道標が立っているので、ここは迷わず右に入り潮見坂を登ってゆくことに。


 「潮見坂」(左)は街道一の景勝地として、また西国から江戸に向かうとき初めて太平洋が見える場所として旅人の詩情をくすぐったとか。

 そう言われて坂の途中で何度も振り返ったが、左写真のごとく木の間にちらっと遠州灘が見えるだけ。あの樹が無ければ遠州灘が一望なんだがなー。

坂を登り切ると左側に「おんやど白須賀」(右)の休憩所がある。湯茶の接待があるので上り坂の疲れをとるには丁度良い。白須賀宿のパンフレット、散策マップなども入手できる。


 おんやど白須賀を出ると「多数の石碑」(左)が並んでいるが散策マップにある石碑群とは違うようだ。実はこの先に「石碑群」と言われている場所があるのだが白須賀宿の人は石碑が好きなようですよ。

2〜3分歩くと左側に「潮見坂公園碑」(右)が建てられている。

 織田信長が武田勝頼を滅ぼして尾張に帰るとき、徳川家康が信長をもてなした場所だそうだ。 大正時代に公園として整備されたが現在は学校が建ち碑だけが残されてしまった。


 十数分歩くといよいよ「格子戸のある古民家」(左)が並ぶ、かつての宿場街に入って行く。ここでは当たり前に格子戸の家が並んでおり、たっぷり堪能することができるので、ゆっくり、のんびり歩くにかぎる。

 しばらく歩くと「曲尺手」(右)が現れる。枡形とも呼ばれているが、軍事上の目的以外に大名同士のすれ違い防止にも利用されてきたようだ。格の低い大名が相手に見られる前に近くの寺で休憩を装いやり過ごす、という便利な場所でもあったのだ。



 曲尺手から数分先右に「本陣跡碑」(左)がある。説明板によると、本陣の建坪は183坪、畳部屋231畳、板敷き51畳とある。 いやー広いなー。

その先の石碑は「脇本陣跡碑」(左)。 

 


 脇本陣跡碑先の交差点向こう側に「夏目甕麿(みかまろ)邸跡・加納諸平誕生地碑」(左)が塀の一角に立っている。 聞いたことが無い名前だが、国学者・歌人として国学の普及に努めた人だそうだ。

5〜6分ほど歩くと「火防樹」(右)が道の両側に4本ずつ立っている。

 宿場が山の上に移り津波の心配が無くなったと思ったら、今度は強い西風のため火が出ると大火になりやすい。新たな悩みだ。せめて「延焼防止」を、と植えられたのが「火防樹」であった。

 火防樹の少し先右側に 「庚申堂」(左)があり 「見ざる・言わざる・聞かざる」の3猿が台の上に座っている。右の「見ざる」は真っ黄色に塗られている。ちょっと趣味が悪いよ。それとも意味のある色なんだろうか。

 古民家群を見ながら5〜6分歩くと道路の向こう側に「高札建場跡碑」(右)がひっそりと立っている。可哀想なことにワンちゃんのトイレになっているようで下の方が黒く汚れている。

 愛犬家の皆さん、石碑をワンちゃんのトイレは御免だよ。



この先で国道1号と合流し「愛知県豊橋市」(左)に入る。箱根西坂を下り三島宿を通って白須賀宿まで静岡県内22の宿場を歩いてきたが静岡は長かった。
あと21宿歩くとその先が三条大橋だ。

 国道1号に合流して「二川(ふたがわ)宿」までは約一里(4km)、「地獄のウオーキング」が待っている。

前の宿場新居宿へ    次の宿場二川宿へ    表紙へ戻る