表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(30) 舞坂宿  あっという間に通り過ぎた舞阪宿でした   街道地図
 舞坂宿は浜名湖の「今切渡し」渡船場を前にした宿場であった。見付石垣や北雁木を復元するなど旅人を楽しませてくれるが、舞坂宿手前の松並木と、脇本陣茗荷屋が当時をたっぷり堪能させてくれる。

 平成18年2月9日
 見事な「松並木」(左)が現れた。道路の行き先表示も旧東海道松並木。夢舞台道標も「東海道松並木」と記されている。 いままで多くの松並木を見てきたが、ここは両側で本数も多く見事。しかも車があまり通らない。松並木の風情をたっぷり堪能できそうだ。

松並木に入ると中程の右側芝生の中に「舞坂宿碑」(左)がドンと構えている。

 ところで、松の木をよく見ると、それぞれは傾いたり曲がたりと大変個性的。が、全体では整然とした絶妙なバランスがなんともいえない。


 松並木の左歩道側に「東海道五十三次絵碑」(左)が並んでいる。また右側には十二支の石像が置かれている。どっちを見ながら歩こうかと迷うが、車が少ないので行ったり来たりだ。
 

 松並木が終わった所の休憩所に「浪小僧像」(右)がある。 遠州七不思議の一つ「浪小僧伝説」に登場する小僧で、海が荒れるときや、風が強くなる時は海の中から太鼓を叩いて知らせてくれるのだとか。
  


 休憩所の先の国道1号を斜めに横切る道が旧東海道。国道を横断するとすぐに「見付石垣」(左)を見ることができる。この石垣は江戸時代中頃に作られたもので、ここから先が舞坂の宿内ということになる。

 ちょっと歩いた先の公園に設置されているのは「秋葉常夜灯」(右)。

 江戸時代の舞坂宿はたびたび火災に見舞われたため、火防せ信仰の秋葉常夜灯を設置したのだとか。宿内の常夜灯はこの新町の他に、中町、西町にも。   


 秋葉常夜灯の奥に「一里塚跡碑」(左)がある。江戸から68番目となる「舞坂一里塚」があった場所で、道路を挟んで反対側には東海道舞阪宿一里塚と刻まれた石碑も。

 宿場の雰囲気を楽しみながら(ちょっとだけ昔をイメージした作りの商店街)10分ほど歩くと正面の彼方に浜名湖が見えてくる。「薩埵峠」で駿河湾を見て以来の久しぶりの海だ。

右側の駐車場入り口には「舞阪宿本陣跡碑」(右)が建てられている。


 本陣跡碑の斜め前の建物は「脇本陣茗荷屋」(左)。この建物は天保9年(1838)に建設されたものを修復・復元したものだそうだ。 見学させてもらえるので、ぜひ見ておきたい。

 玄関を入ると、かなたに「上段の間」(右)、さらに裏庭と見通せる。

 受付の女性に声をかけたところ、どうぞゆっくり見ていって。さすが大名が泊まる宿は違う。風呂桶は「漆塗り」。ひょっとしてトイレも漆?見ると「大小、両方とも漆塗り」である。うーん、なんだか痒くなりそう。


 脇本陣を出ると突き当たりが浜名湖で、本雁木と呼ばれた船着場跡がある。舞阪には南、本、北の3ヶ所の雁木が有ったが、その内、復元されたのが「北雁木」(左)。 「北」は大名用で、「本」は武家用、荷物と庶民は南雁木だった。荷物と一緒とはなー。

 本雁木の前を右に曲がると北雁木。北雁木の200mほど先に「弁天橋」(右)がある。橋の上は浜名湖から吹きつける風がめっぽう強い。立ち止まって写真を撮ろうとすると身体がフラツクほどである。


 あっという間に通り過ぎた舞坂宿であったが、松並木があり、一里塚跡があり、脇本陣もありと、江戸時代を感じることができる宿場であった。

 弁天橋を渡ると左側に「弁天神社」(左)があるが、この神社に関係する面白い話が伝えられている。

 昔この辺りは白砂青松の美しい場所であった。その美しさに誘われて、ある日天女が舞い降りてきたという。ところが、何がお気に召さなかったのか駿河の美保の松原に立ち去ってしまったのだとか。  残念。

 後年、渡し船の安全を願って「弁天神社」が建てられたが天女伝説のこともあり、地元の人々は今日まで神社を大切にしてきたのだそうだ。


 弁天神社境内には正岡子規・茅原崋山・松島十湖の三つの文学碑がある。
「正岡子規句碑」(左)  天の川 濱名の橋の 十文字

 弁天神社を出て国道1号に合流するとJR弁天島駅へ通じる地下道がある。が、そこには入らずその先を左に入り浜名湖畔までくると「種田山頭火句碑」(右)を見ることができる。
 春の海の どこからともなく 漕いでくる 
もう少し暖かくなるとそんな気分にもなりそうかな。
 


 江戸時代は浜名湖を渡し船で渡り「新居関」で厳しい取り締まりを受けるわけであるが、今は「中浜名橋」「西浜名橋」の歩行者専用橋を渡って新居関へ渡ることが出来る。

コメント:江戸時代は「舞坂」であったが、現在は「舞阪」に変わっている。

 前の宿場浜松宿へ   次の宿場新居宿へ    表紙へ戻る