表紙へ戻る
東海道五十三次道中記

(17) 興津宿  東海の名刹 清見寺には歴史の重みを感じる     街道地図
 興津宿は東日本で一番早く鮎漁を解禁する「興津川」の西側に位置する宿場で、「薩埵峠」を控えていることから、かなりの賑わいをみせていた。 また、飛鳥時代にすでに「清見関」が設けられていたほど軍事・交通の要衝でもあった。

 平成18年1月5日

 薩埵峠から展望台、東屋の休憩所などを通り、緩い坂を下ってくると「峠道の終点」(左)となる。この場所はベンチ等が置かれ簡単な休憩所。この先は下り階段で一気に下っていく。

 ベンチの後ろに現代アート風の「薩埵峠碑」(右)や、歴史などが記された説明板がある。

 説明によると、峠道が開通する前は海岸を「親知らず子知らず」の状態で駆け抜けたそうだ。 安政の大地震で海岸が隆起し、再び海岸を通る道が出来た、と記されている。  


 急な階段をジグザグに下って行くとパッと目の前が開け、舗装された真っ直ぐな下り坂に続く。下りきった十字路を左に曲がると海岸寺に行かれるが、その先は東海道線に阻まれて行き止まり。もとの場所まで戻るはめに。  

 もとに戻り、中の道を歩くと「秋葉常夜灯」(左)がポツンと立っているのがなんとも寂しい。しばらく歩き興津川堤防の下を通ると、東海道線のガード少し手前に「川越遺跡」(右)の説明板が建てられいる。

 ガードの先に興津~由比間の道の歴史が記された説明板があるそれによると、時代毎に異なる道があったようだ。

 最初は親知らず子知らずの 下の道、承応3年にできた 中の道、朝鮮使節を迎えるために開いた上の道、その他に地蔵道と4種類の古道があった。


 説明板の先を右折して浦安橋を渡り1kmほど歩くと「宗像神社の鳥居と石標」(右)がある。

 石標に女体の森というドキッとする文字が刻まれているではないか。実は、「女神」が祀られているから「女体の森」と呼ばれるようになったそうだが、発想が大胆すぎる。

 宗像神社の数分先、交差点向こうに見えるのが 「石塔寺跡」(右)。廃寺となった寺院前の身延山道道標題目碑・七面常夜灯が残されたもの。題目碑は高さ3mを越える大きさで、見る者を圧倒する。


 題目碑の少し先に「興津一里塚址碑」が民家の脇にひっそり立っている。 しばらく歩くと「興津宿東本陣跡碑」、道路左側には「脇本陣水口屋跡碑」、その先右側に「西本陣跡碑」と宿場の中心が続く。

 東海道屈指の名刹「清見寺」(左)(写真は総門)を素通りしたらバチが当たる。約1300年ほど前の白鳳年間に「清見関」が出来たとき、関所の鎮護として仏堂が建立されたというから歴史は古い。以来、足利尊氏、今川義元らの帰依を受け、さらには三つ葉葵の紋も許されたという由緒ある寺院である。

 山門をくぐり東海道線を越えると、さらに境内へ入る山門がある。事前に得た知識のせいか、山門を入るときからなんとなく重みを感じる。徳川家康公が接ぎ木したという臥龍梅にも迫力を感じる。

 駐車場の右側に「清見関跡碑」(右)と「傍示杭礎石」(右写真の左端)がある。東北の蝦夷に備えて白鳳年間に設けられた関所だそうだ。


 清見寺の駐車場を出てすぐの道端に「高山樗牛假寓之慮碑」(左)が建てられている。樗牛は鎌倉で亡くなっているが、その2年ほど前にこの地に滞在したことがあり、それを知ってもらおうと碑を建てたようだ。

 樗牛碑からちょっと先の左側奥に坐漁荘址碑と復元された「坐漁荘}(右)がある。

 「坐漁荘」は西園寺公望公が晩年に建てた別荘で、明治村に移築されているが、ここの建物は静岡市が、できるかぎり忠実に復元したもの。受付に申し込めば自由に見学できる。  


 この先は江尻宿まで1時間の歩きとなるが、途中ポツポツと見る場所がある。静清バイパス高架下から左の旧道に入り、再度国道1号に合流した向こう側に「延命地蔵堂」「秋葉常夜灯」
 国道1号の右側を歩くとまもなく「念仏供養塔」、その先に格子戸が付いた「東光寺山門」


 この先も「旧東海道の松」、お堂が真っ白に塗られた「延命地蔵堂」「馬頭観音」「細井の松原跡」などと見所が続く。

前の宿場由比宿へ    次の宿場江尻宿へ    表紙へ戻る