表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(15) 蒲原宿  時が止まったような静かな町並みが有りました。   街道地図
 江戸から15番目の宿場「蒲原宿」は安藤広重の「東海道五十三次 蒲原・夜の雪」が記念切手になったことで一躍有
名になった宿場。「温暖な地 蒲原に行きが降るの?」などという野暮なことは言うまい。 富士川を渡ったら「岩淵村」などの静かな街並みを通って蒲原宿へ入る。
 平成17年12月21日


 富士川を渡って、まず目指すは渡船場跡。橋から上流へ200mほど歩いたところに「常夜灯」(左)がある。ここからの富士山の眺めは素晴らしい。

 ここには「角倉了似」の碑も有るはずだが、歩道の補修工事のため撤去されており見ることが出来なかった。

 橋の近くまで戻り、国道をエイヤッと横断。右側の狭い道に入り坂道を登って行く。これがキツイ上り坂だ。上りきった右奥の光栄寺「富士山を見るには最高」(右)。庭の右手には題目碑も。  


 光栄寺を出たら元の道に戻り、岩淵の街並みを眺めながらノンビリと歩くのがよい。「時が止まったような静寂がなんとも心地よい」。

 しばらく歩くと黒塀に囲まれた「岩淵小休本陣」(左)がある。無料で見学できるので拝見させてもらったが、土間が子供の頃を思い出す。

 岩淵の町並みに戻ると、直線道路の彼方に大木が見える。たぶんあの場所がそうかもしれない。近づいてみると案の定「岩淵の一里塚」(右)であった。江戸から37番目の一里塚で両側が現存。



 三島宿で初めて「秋葉常夜灯」を見たが、ここ岩淵から蒲原宿へかけては常夜灯が結構多い。「左写真の秋葉常夜灯」(左)は「岩淵小休本陣」横の物であるが、同じような形の常夜灯をあちこちで見かける。

 一里塚の先1kmほどのところで左側に秋葉常夜灯を見たら200mほど先を右折する道が旧東海道。野田山不動明王の石碑の前を左に曲がり一旦下って、再び上っていゆくと東名高速の上に。

 東名高速を渡る陸橋から見た「富士山」(右)も素晴らしい。 


この先は新坂を一気に下って行く。坂を下りきったら突き当たりを右に曲がると蒲原宿だ。

 右へ曲がった所から2〜3分歩くと「一里塚」(左)と刻まれた石碑が建てられている。日本橋から38番目の「蒲原一里塚」が有った場所だ。

 ここも車どころか歩いている人も見あたらない静かな町並みだが、少し先の右を山の方へ登って行くと、ひっそりと立っていたのは「北条新三郎の墓」(右)。

 武田軍の攻撃で落城した蒲原城の城主「北条新三郎」は常楽寺まで逃げ延びたのだが、寺に火を放って自害したと伝えられている。



 街道に戻り少し先へ歩くと「蒲原宿東木戸」の石柱(左)があり、ここから先が蒲原宿内ということになる。この一角には文政13年(1831)建立という常夜灯が柵で囲われ大事に保存されている。

 また、その前の道は昔のままに「枡型道」(右)だ。

 敵の侵入を遅らせる役目を持った道路の構造だが、これだけの広さだと、うーん、どうかなとなってしまう。が、当時はもっと狭かっただろうから効果があったのだろう。


 木戸内に入るとすぐに巨大な鉄管が4本、山から駆け下りてくる。発電所の導水管だ。その先左側の民家の庭奥に木屋の3階建て蔵が見える。この蔵は天保9年(1838)のもので町内最古の土蔵だそうだ、

 「なまこ壁の家」(左)発見。佐野屋という商家だったそうだが、今でも住居として使われている。白と黒のコントラストが家全体をキリッと引き締めており、「正座している家」そんな感じだ。

  なまこ壁の家を通り過ぎた先の説明板は「問屋場跡」

 問屋場跡の向かい側の路地を入り、100mほど歩くと広重の「蒲原・夜の雪 記念碑」(右)が建てられている。「夜の雪」は広重の「東海道五十三次」の中でも傑作中の傑作と言われ昭和35年(1960)に記念切手に。


 街道に戻ると右側に「旅籠 和泉屋」(左)の建物がある。天保年間の建築で、安政の大地震でも倒壊せず現存しているというしっかりもの。

 その先左側の由緒ありそうな黒板塀と屋敷門の建物は「蒲原宿本陣跡」(右)。

 全体を写した写真をお見せしたかったが、なんと黒板塀の真ん中に某大政党の大きな政治ポスターが貼られているではないか。ちょっと無神経すぎやしませんか。  


この先にも見所は多い。

 本陣跡の少し先に「総欅造りの家」。 その先には御殿が有ったという「御殿道」。 国の有形文化財である 「大正時代の洋館」(旧五十嵐歯科医院)。  さららにその先には安政大地震直後に建設された「商家」。  主婦によって磨き上げられた 「格子戸が美しい家」など江戸時代の息吹をたっぷり味わうことができる。

 街道を進むと突き当たりで直角に折れ曲がるが、ここを左に曲がると県道に合流。

 合流点に西木戸跡が在った。この一角は木柵で囲われ、松が植えられ、水飲み場まであり、左端に「蒲原宿西木戸」(左)と刻まれた石碑が建てられている。

 短い区間で江戸時代をたっぷり味わうことができた宿場だった。これから県道を西へ歩き由比宿に向かのだが、道のりは約3kmほど。


 追記:「温暖な地 蒲原に雪は降るの?」と冒頭で申し上げましたが降ったのです。平成18年1月5日、由比から歩こうと東海道線を乗り継いできましたら、小田原辺りから雪がちらほら降り始め、富士駅では真っ白の状態。
その後も「蒲原」「由比」と雪でした。しかし午前中には止み、由比では積もりませんでしたが、江戸時代だったら積もったかもしれませんね。

前の宿場吉原宿へ    次の宿場由比宿へ    表紙へ戻る