表紙へ戻る
東海道五十三次道中記
(13) 原宿  擂り鉢の重みで曲がってしまった?松の木が松蔭寺の門前に。  街道地図
 「沼津藩領榜示杭」の前を通って、目指すは「原宿」。そういえば、東京にも「原宿」があったなー、竹下通りで有名な。こちらは江戸から13番目の宿場。本陣が1軒だけという小さな宿場であるが、富士山が美しく見える場所として街道一の折り紙付き。

 平成17年12月14日

 沼津藩領傍示杭からかれこれ30分、「神明塚古墳」(左)という案内に従い路地を右に入って行くと、突き当たりの小高い丘の上に神社が。

 神社の左側に「神明塚」と刻まれた石碑がある。説明書きでは、ここは「前方後円墳」で、その頂上に神社を造ってしまったという。昔の人は大胆だ。

 さらに20分ほど歩くと、神明社入り口に2体の「賽(さい)の神」(右)が祀られている。これも道祖神で、村人がお守りしている。風雪に耐えお顔の凸凹が無くなっているが、今でも村人が大切にしている様子が伺える。


 神明社入り口の横に原宿の東木戸(見付)跡を説明したプレートが石柱の上に設置されている。いよいよ原宿に入ってきたようだ。

 街道左奥の突き当たりに「松蔭寺の擂り鉢松」(左)が見える。その先、山門の前にあったのは白隠禅師墓であった。

 その白隠が、備前国池田候から拝領した擂り鉢を松に被せたところそのまま育ってしまったといわれるのが門前の擂り鉢松。重さに絶えかねて曲がってしまったのだろうか。

 松蔭寺の少し先の右側にある「雲見浅間神社」(右)は、なんと社殿が温室?の中。過保護だのー。


 雲見浅間神社の先、左側の植え込みの中に建てられている石碑は「白隠禅師誕生地碑」(左)。

  「駿河に過ぎたるもの二つあり、富士のお山に原の白隠」
と言われた
白隠禅師は1685年にこの地で生まれ、32歳で松蔭寺の住職となるが、禅宗の教えを広めるため全国を駆け巡っている。

 今日もついに夕暮れが近づいたのでJR原駅へ。 この「原駅」(右)、瓦葺きの屋根に白壁という、ちょっと個性的な駅舎がなんとも魅力がある。  

ここから平成17年12月16日

 JR原駅から100mほど歩き旧東海道に出たら左に向かって歩くのだが「八丁畷」かと思えるぐらい真っ直ぐな道である。家と家との間から富士山が見えるが意外と雪が少ない。

 30分ほど歩くと、右側の浅間神社前にも「賽の神」(左)が祀られている。顔の凸凹が無くなっているので大変な昔のもののようだが、そのお姿はなんとなく心が和む。
 

 右に富士山を見ながら、さらに15分ほど歩き東海道線の踏切を渡ると、左手の一角に大妙乗典石経塔と刻まれた石塔と、真新しい石版に植田新田開拓の由来を記した「石碑」(右)が建てられている。


  この先から「富士市」。目指すは「吉原宿」。その前に藤沢では見られなかった「左富士」の見える場所を通過するのが楽しみだ。本当に富士山が左側に見えるのだろうか。
 「見ようによっては」なんてことないだろうな。

前の宿場沼津宿へ    次の宿場吉原宿へ    表紙へ戻る