表紙へ戻る
東海道五十三次道中記

(12) 沼津宿 「千本松原」の松の木、千本どころか百万本も有りそう  街道地図
 沼津は「三枚橋城」の城下町として栄えていたが江戸初期に城を廃棄。後に水野出羽守忠友が跡地に規模は小さいが「沼津城」を築造している。 残念ながら大火や戦災で当時の面影は失われてしまったが、右へ曲がり、左へ曲がるという当時の街道を探すことはできる。

  

 平成17年12月14日
 黄瀬川を渡ると「沼津領」に入ることになるが、相変わらず狭い歩道を歩くこと7〜8分。潮音禅寺の山門が見えた。


 山門を入ると正面に「亀鶴姫の碑」(左)がある。(注:鶴亀ではない)

 駿河の3美人と言われた亀鶴姫。源頼朝に見初められるも応ぜず黄瀬川に身を沈む。時は建久4年(1193)、18歳の若さ。後に「亀鶴観音寺」が建立され幾多を経て、残るは「亀鶴姫の碑」とその言い伝え。800年もの長い間語り伝えられるとは幸せな、いや悲しい話。

 この先に「従是西沼津領」とだけ刻まれた「沼津藩領境榜示杭」(右)が設置されている。


 榜示杭の先で県道に合流。10分ほど歩いて再び左の旧街道へ入って行く。ここは狩野川堤防下の道路で、人通りが少なく静かな道である。
橋の下辺りの左側に「平作地蔵」(左下)の小さな祠が。 追加コメント:この途中に矢倉沢往還と交わる下石田交差点がある。矢倉沢往還はこちら


 口の堅い旅人から仇の行方を聞き出すために自害までした平作爺さん。仇の居場所を聞き出した娘婿が本懐を遂げる。平作爺さんの義侠心に心を打たれた後の人が碑と地蔵尊を建立して弔ったとか。

 平作地蔵から少し歩くと右の公園奥に小さな小さな日枝一里塚が。

 一里塚の手前に「玉砥石」(右)という高さ1mくらいの石が立っている。1200〜1300年前に「玉を磨くために使った」ということだが気が遠くなるほど昔の石だ。



 再び県道に合流して十数分、左に入る道の入り口に「旧東海道 川廓通り」(左)と刻まれた石柱が立っている。沼津城の城郭に接した道で「川曲輪」とも記されたように、いわゆる「廓」があった場所ではない

 川廓通りを出ると県道に合流。

 この先は城下町特有の曲がりくねった街道となる。合流したら左に曲がり、御成橋通りを右に曲がる。次に銀行の先を左に曲がり、永大橋通りに出たら右に曲がるという複雑な道筋である。



 永大橋通りを右に曲がると最初の交差点向こう側に「乗運寺」(左)が見える。 手入れの行き届いたきれいな寺で、山門を入った境内も見事に手入れされている。

 こんな素晴らしい庭を無料で拝観できるとは幸せな。

 乗運寺は若山牧水の菩提寺。山門を入ると右手の一段高いところに柵に囲まれて「若山牧水之墓」(右)が建てられている。千本浜公園には牧水の歌碑も有るというので、ぜひ行かなければ。


 乗運寺前の道を右に行くと「千本浜公園」(左)に行き着く。いやー見事。木漏れ日が気持ち良い。堤に登り海岸線を見ると、はるか彼方まで松林が続いており千本なんぞというケチな数ではない。それこそ百万本も有りそう。

 松林の中にありました「若山牧水歌碑」(右)が。
   幾山河 こえさりゆかば寂しさの はてなむ國ぞけふも旅ゆく 

 「漂白の歌人」と言われた牧水さんですが沼津が大変気にいったようですよ。この他にも沢山の歌碑があるが、碑ばかり見ていると日が暮れるので松林を後に。



 旧東海道に戻り、7〜8分歩くと右側の歩道に「出口町見附外の表示」(左)がある。町名の由来などが簡単に記されているがそれによると、沼津宿の出口であること、しかも見附の外だから「出口町見附外」。

 さらに10数分歩くと八幡神社の前に、「西側の榜示杭」(右)が建てられている。この杭には「従是東」と刻まれている。つまりここから東が沼津藩領ということだ。

 残念ながら「沼津領」と刻まれた下半分が明治時代に折られて無くなってしまったそうだ。
  

 沼津藩領を抜けたので次に目指すは「原宿」。 かなり長距離のてくてく旅になりそうだ。

前の宿場三島宿へ    次の宿場原宿へ    表紙へ戻る