表紙へ戻る
東海道五十三次道中記

(11) 三島宿 樹齢1200年の金木犀、その芳香は10km先まで及ぶそうだ。  街道地図
 東海道と下田街道・甲州道が交差する交通の要所として、また三島明神(三嶋大社)の門前町として栄えていた三島宿。その後、東海道五十三次が制定されると箱根越えの前に一泊する宿場として一層にぎわっていった。この地は富士山の湧水が豊富なことでも有名な地である。

 平成17年12月14日

 箱根西坂を下って大場川に架かる 新町橋 を渡るといよいよ「三島宿」。 出会う人が急に多くなってきた。三嶋大社も近い。

 「三嶋大社」(左)の鳥居をくぐるとなんか厳かな気持ちになってくるから不思議だなー。

 この神社は源頼朝が源氏再興の祈願をしたことでも有名だが、境内の一角に頼朝と政子が腰掛けたという大小一対の腰掛け石がある。仲が良かったんだね〜頼朝と政子は

 びっくりしたのは 「樹齢1200年の金木犀」(右) 。 金木犀としては想像を絶する大きさ。国指定の天然記念物にも指定されているそうだ。秋にはその芳香がなんと10km先まで及ぶという。


 三嶋大社を出て先へ行くと郵便局の前に名所案内パネルが。ここは問屋場跡と表示されているが石碑があるはず。局舎横に「問屋場跡」(左)と刻まれた高さ50センチほどの石碑がひっそりと立っていました。

 「樋口本陣址碑」(右)が本町交差点を渡ったお茶屋の横に、これもひっそりと立っている

 右側に渡って「世古本陣跡碑」を探したが、無い。探しても無い!
お茶屋さんに訪ねたところ撤去してしまったとのこと。無いはずだ。


 樋口本陣跡碑から数分先の源兵衛橋を渡った左奥に三石神社「時の鐘」(左)がある。神社に鐘楼。まあいいか。
 午後5時55分までに鐘楼前に来ると鐘を突かせてくれるのだとか。

 道路反対側の奥まったところの連馨寺境内に「芭蕉翁の墓」(右)がある。えっそんなバカな。大津市の義仲寺ではないの。ここは墓というより供養碑と見るべきだろう。

「 いさともに 穂麦くらわん 草枕 」 墓石の側面が句碑になっている。

 三島に来たらぜひ見ておこうと寄ったのが「楽寿園」(左)。

 入り口のモミジが真っ赤に色付いて見事。あまりの綺麗さに地元のカメラマン10人ほどがカメラを向けていた。なんと、ほとんどが年配の女性。女性は元気だ。

 この庭園は明治23年に小松宮章仁親王の別邸として造営された名園で、昭和29年に天然記念物に。その「小浜池」(右)に全く水が無い。滾々と湧き出る水があっての小浜池。うーん、言葉が出ない。



 気を取り直して前回通った本町交差点から右折。今はなき世古本陣跡碑の前を通り三島広小路から左の旧東海道を。

 10分足らずで道路右側に「千貫樋」(左)の説明板を発見。諸説ある「千貫」という名前の川だが、今は普通の川。説明板が無ければ通り過ぎている。

 千貫樋のすぐ先右側に「秋葉常夜灯」(左)がある。遠州地方で多く見られる常夜灯であるが、ついに出てきたか。



 十数分歩くと道路左側に見事に整備された「宝地寺一里塚」(右)。右側に樹木に覆われた「玉井寺一里塚」(右)がある。 この一里塚は、それぞれが宝池寺及び玉井寺前にあるのでこう呼ばれている。

一般的には「伏見一里塚」と言われ江戸から29番目の一里塚。

 一里塚の先の広い交差点を渡ると再び旧東海道。 歩道が狭い割に車が多くちょっと怖い。


 10分ぐらい歩くと右側に八幡神社の鳥居。この神社には「対面石」(左)なる石が有る。

 平家の軍勢と対峙していた源頼朝に、奥州から駆けつけた弟の義経が対面したとき二人が座った石だそうだ。どっちに誰が座ったか分かるともっとリアリティがあるのになー。

 八幡神社を出ると「松並木」(右)が待っている。やはり松並木はいいなー。と思ったら100mで終わり。残念!

前の街道箱根西坂宿へ    次の宿場沼津宿へ    表紙へ戻る